日本企業が抱える深刻な人手不足をフィリピン人労働者によって解決

日本企業が抱える人手不足を 日系フィリピン人が解決

日本は少子高齢化が加速度的に進んでいるため、働き手が減っています。とくに中小企業の人手不足は深刻で、広告費をかけて求人募集をしても思うように人材が集まりません。

介護、建築、サービス業は仕事量が膨大にありますが、人手不足のために仕事を受注できない状況に陥っています。今後も日本の人手不足が解消される見込みはほぼありませんので、なんらかの解決策を見出さないと人手不足倒産が連発すると言われています。

サムライゼネラルコンサルタンシーでは、日本企業が抱える人手不足をフィリピン人の誘致によって解決が可能です。

日本は単純労働の解禁がされていない

日本では単純労働者の日本移住に対して規制がありますので、他国のように多くの外国人労働者によって産業を手助けしてもらうことが出来ません。そこで大手企業は、日本に留学している語学留学生を雇用することで人手不足の一部を解消しています。

それでもまだまだ人手不足は解消できず、常に人材募集を行っています。

日本人は移民に対して抵抗がありますので、海外から単純労働者が日本で働く時代はまだまだ先でしょう。

日系フィリピン人は介護、サービス、建築など、あらゆる仕事に従事可能

サムライゼネラルコンサルタンシーが紹介する人材は日系フィリピン人です。日系フィリピン人とは、両親のどちらかが日本人ですが、なんらかの事情でフィリピン国籍のままフィリピンで生活している人たちのことです。

本来、日本で自由に働けたり住むことが出来る日系フィリピン人は、フィリピンに数万人規模存在すると言われています。

こういった日本人の血が流れている日系フィリピン人をご紹介することで、日本企業の人手不足を解消できます。

関連記事

  1. 外国人労働者・フィリピン人 外国人労働者・フィリピン人の募集から受け入れ・雇用・フォローまで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP